クラミジア感染症は症状の出方が男女で異なる

男女のイメージ

クラミジアは感染した場合、男性か女性かによってその症状の出方は違っているのでその違いについて知っておきましょう。
クラミジアに感染すると男性の場合は感染してから遅くとも1週間以内に初期症状として尿道炎の症状があらわれます
尿道炎の症状は例えば排尿時にしみたり、痛いと感じたりというものがあります。
さらに排尿する時に熱く感じるといった症状を感じる方もいます。
またそれと共に膿が出ることがあります。
膿の量は淋病よりは少ないとされていますが、出ている場合にはその色は無色から乳白色で粘り気がなく、さらさらとしているのが特徴です。

クラミジアの症状があらわれてから1週間以上経過するとこれがさらに進行し、前立腺のほうへ移動していきます。
前立腺は痛みをほとんど感じることがない上、治りにくい場所です。
そのため、クラミジアにとっては非常に居心地が良い場所なのです。
前立腺に感染すると前立腺炎になります。前立腺の異常を訴えるために体は皮膚を通して伝えようとしますので、その日によって痛みを感じる場所が違っていることも前立腺炎の特徴です。
症状としては肛門と陰のうの間や恥骨付近、そけい部、内ももなどに鈍い痛みを感じるといった感じです。

前立腺炎から症状が進行すると、最終的に睾丸(精巣)にまで症状が出るようになります。
しかしその前に睾丸の周囲にある副睾丸(精巣上体)に炎症が起きて副睾丸炎(精巣上体炎)がおきます。
ここに炎症がおきると睾丸よりも大きくなることがあるほど腫れてしまい、睾丸からそけい部にかけて激しい痛みや高熱が出ることもあります。
気をつけなければいけないのは副睾丸炎になってしまった時、それが両方に起きていると不妊症になってしまうケースが多いということです。

クラミジアに女性が感染した場合はまず膣の奥にある子宮の入口つまり子宮頚管部粘膜に感染してしまいます。
ところが男性の症状とは違い、この最初に感染する場所には痛覚を感じる神経がほとんどないのです。
そのため、クラミジアに感染したということに気づきにくいのです。
女性が感染した場合、膣の免疫力が低下しているので膣炎にかかりやすい状態となります。

膣炎になると性器がかゆくなったり、においがきつくなる他、おりものが通常より汚くなっているといった症状があらわれます。
さらに性行為の際には炎症のせいで痛みを感じるといったこともあります。
女性の場合もクラミジアの症状が進行し続けると、体の奥のほうへと炎症がひろがっていきます。
膣炎から子宮内膜炎、卵管炎、さらに腹膜炎へとすすみます。
子宮内膜炎になると下腹部が痛くなって不正出血があったり、生理痛がひどくなったりします。
しかも女性として心配なのは流産することがあるという点です。

そして卵管炎の場合は生理痛がひどくなる他、卵管が炎症でふさがってしまい、不妊症になりやすいです。
腹膜炎になるのは卵管の出口が腹膜とつながっているためです。
骨盤内腹膜炎になると強い腹痛や生理痛、不妊症などになりやすいです。
稀にクラミジアが肝臓の後ろ側に感染し、肝周囲炎となって激しい上腹部の痛みを感じることもあります。

男性と女性を比較すると、女性のほうが男性よりもクラミジア感染に気づきにくく、症状が進行してから気づくというケースが多いということがあります。
そういう意味では男性より女性のほうが気づいた時には重症化しているという違いがあります。
ですから、もし女性のほうが先にクラミジアに感染していた場合は男性側に症状が出てから自分も感染していることに気づくか、もしくはすでに進行している状態で子宮内膜炎などになってから、いつのまにかクラミジアに感染していたのだとわかることもあります。

クラミジアの感染率は非常に高く、1回の性行為での感染率はおよそ50%といわれており、男性側もしくは女性側が感染していれば感染してしまうことが多いのです。
もし感染しなかったらラッキーだったといえるほどの確率です。よくあるケースとしてはパートナー以外の人と性行為を行ない、その相手がクラミジアに感染していて自分も感染し、パートナーにもうつしてしまうというものです。

オーラルセックスでのどにクラミジアが!その症状とは

愛し合うカップル

性行為の一つにはオーラルセックスもありますが、クラミジアに感染してしまうのは性器だけではなく、オーラルセックスによってのどに感染するケースもあります。
のどに感染するのは圧倒的に女性が多いです。男性がすでに感染している女性にオーラルセックスをしてもらい、まず男性がクラミジアに感染します。
そしてそれを知らないまま、パートナーがオーラルセックスをすることで今度はパートナーにもオーラルセックスを通してクラミジアが喉に感染してしまいます。

ちなみに男性と女性の症状があらわれるまでの期間の違いは男性が当日から1週間以内であるのに対し、女性は2週間前後かかってしまうということも少なくなく、そういった自覚症状の違いからも感染率が高くなってしまうということがわかります。これは男女の症状の出方の違いが大きいためです。

性交による感染率は50%以上とかなり高いクラミジアですが、オーラルセックスと性交の感染率の違いは20%ほどオーラルセックスのほうが感染する確率が低いです。
オーラルセックスによるのどに感染する確率は25%から30%、これは男性に対してオーラルセックスした場合の確率です。
逆に女性に対してオーラルセックスした場合の感染率はぐっと低くなり、およそ5%から15%となっています。

また一般女性と風俗店に勤めている女性の感染率の違いはやはり大きく差があり、クラミジアに関しての感染率は一般女性で11%、風俗勤務の女性で32%となっています。
またオーラルセックスによるのどへの感染率は一般女性がわずか2.6%に対して、風俗勤務女性ののどへの感染率は18%もあります。
この違いからもわかるように同じ初期症状や自覚症状があまりない女性であっても風俗勤務の女性のほうが仕事柄、クラミジアに感染する確率は一般女性のおよそ3倍になっています。

自覚する初期症状がないだけに感染している女性から風俗店でサービスを受けた場合には複数のお客が感染してしまうということになり、それぞれにもしパートナーがいればそのパートナーもオーラルセックスによるのどの感染をすることが考えられるので、あっという間にいろんな人に感染し続けることになってしまうのです。
特にオーラルセックスをする時に避妊具をつけずに行為を行なった場合には感染率は単純に計算してもそのリスクは6倍になる可能性があるということになります。

のどに感染した場合、その初期症状にはほとんど違いはありません。
性器に感染した時とは違って女性でも喉の痛みや違和感、微熱や発熱などの初期症状が感じられるようになります
またほとんどありませんが、稀にのどに腫れ・赤み、できものができることもあります。
こちらは初期症状を自覚することはできますが、のどに出るその症状が風邪をひいた時の症状と似ているため、クラミジアに感染したというよりは風邪をひいてしまったのではないかと感じる人が多いのです。

厚生労働省によると現代の若者のじつに70%が性行為の時にオーラルセックスを行っているということがわかっており、この時に避妊具をきちんとつけて行なっているカップルはわずか20%ほどだということです。
それだけ、のどに感染する可能性があるカップルが多いというのがわかります。
クラミジア感染者自体も年々増加傾向にあり、感染したかもしれないと自覚をしていたとしても恥ずかしいという思いから結局病院へ行かないという人も少なくありません。結果、初期症状で治すということができず、パートナーなどに感染させてしまうのです。

初期症状があらわれるまでは性器感染と比較すると遅いといわれており、これは口腔内に感染しているクラミジアは初期の頃は菌の数が少なく、それがどんどん増殖していくわけですが、その増殖するまでの時間が長いため、初期症状があらわれるまでの期間が長く、自覚しないままパートナーに感染させていることがほとんどです。
また自覚があるかないかということも個人差がありますので、初期症状を感じるまでが遅いということと重なり、ある程度進行してから気づく人が多いのです。

例えば風俗へ出かけたのが5週間前だったけれど、自覚症状が出たのが1週間前だったという場合もあります。
これは潜伏期間があるためで、1週間前には風俗へは行っていないのに感染してしまったということで、パートナーの浮気を疑ってしまうというケースもあります。

クラミジアに感染しても無症状であることが多い

自覚症状が全くない男性

クラミジアは感染したとしても自覚症状があるという方は特に女性の場合少なく、なんと感染者のおよそ80%以上が自覚がなかったと答えています。
性器感染だけではなく、のどに感染する咽頭クラミジアも感染した自覚症状がないという方は多いです。
咽頭クラミジアは女性が感染している可能性が高いように感じるかもしれませんが、実際には男性から女性にすることもありますので、性器からのどへ感染してしまうという場合もあります。

男性の場合は女性より自覚症状を感じている人が多いといっても50%、つまり感染者の半分は無症状なのです。
男性も女性も無症状という場合もあるので、どちらかの症状が早く進行し、痛みなどの自覚症状が出ない限りは気づかないということになります。

男性の場合、感染した時に膿が出てくるということもあるのですが、この膿はごく少量であることも多く、しかも無色透明であることもあり、出ていても性行為時などであればカウパーとの違いに気づく方はまずいません。
性行為時でもないのに性器の先端から何か液体がじわっと出てくるような感覚があったり、朝起きた時などに下着にしみがついているような状態が続いていればそれはクラミジアに感染しているという可能性もあるでしょう。

尿も透明ではなく、濁ったような色になっていることが多いのでそういった面もチェックしておくと早めに気づくことができます。
膿が出ている時に性器の先端が赤くなっていたりすればかなり感染の確率が高いです。これは男性の場合ですが、女性の場合はおりものをチェックしておくといいです。
おりものがいつもと違ってにおいがきつくなっていれば感染している可能性があります。
もちろん生理時などにもおりものの変化はありますから、そういった時とも違うという場合に疑ってみるほうがいいです。

現在では性行為をする年齢が低くなってきていることもあり、10代や20代で性病に感染してしまうという若者も多いです。特に10代は性病に関する知識がどちらかといえば乏しいということもあって無防備な性行為をしていることも多く、また恋人に嫌われたくないからと言われるがまま避妊具も使わずに行為に及んでしまうといったケースも少なくありません。
無自覚なまま、しかも無防備な性行為をするというのは予防する気がないのと同じで、感染して当たり前です。クラミジアは淋病とセットで感染することも非常に多いため、さらに症状悪化をすることがあり、一度感染すると大変な目にあいます。

しかも無自覚なためにパートナーに感染させてしまった場合には以前のことが感染理由であったとしてもあらぬことを疑われてしまうこともあります。
例えば浮気をしたのではないか、風俗などに行ったのではないかと疑われ、パートナーとの関係まで悪くなってしまうことが多いです。
無症状である可能性が高い病気にかからないようにするためには普段からマメに自分の体調を知っておくことが大切です。

また感染したことを黙っていた場合、パートナーに感染してしまいます。
自分は感染したことがわかってるので対策をとって改善したとしてもパートナーが感染したままであれば、再び今度はパートナーからクラミジアをうつされて何度も同じことを繰り返すことになってしまうのです。
性病に関しては隠し事をするのではなく、相手を大事にするという意味でもしっかりと伝えて一緒に対策をとらなければいけません。

咽頭クラミジアは風邪と似た症状があらわれるのでたいしたことはないと考えてしまい、症状が進行するということも珍しくありません。
増加傾向にあるクラミジアはいつどこで感染するかわからないということを理解した上で、性器でつながる場合だけではなく、オーラルセックスの場合でも避妊具を必ず使い、予防しておくことが大切です。
感染後は抵抗力も落ちているので他の病気にもかかりやすい状態になりますから、他の症状も感じるようになる場合もあります。