ジスロマックのジェネリック医薬品はある?

ジスロマック

ウィルス性の病気を治療する際には抗生物質を使用します。
抗生物質にはいくつかの種類があり、マクロライド系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系があります。
マクロライド系は、主に細胞内に寄生した菌を撃滅する目的で使われることが一般的です。
このタイプの薬はあくまで菌の増殖を抑える目的で使われますが、高濃度になると殺菌作用が生まれます。
しかし副作用もあり、下痢や吐き気を伴うこともあります。
マクロライド系は比較的副作用が少ない為、使われる機会も多いです。

ニューキノロン系は、効果を発揮するまでの時間が短く、すぐに効果を期待できる抗生物質です。
ニューキノロン系は腸で吸収されるとほかの抗生物質より早い段階で体全体に広がります。
そのためこの種の抗生物質は多用されることがあります。
ただしこの抗生物質の副作用は、吐き気や頭痛、めまいやイライラ、発疹や光過敏症を引き起こすことがあります。

テトラサイクリン系は、あまり使われることが無い抗生物質で、マクロライド系やニューキノロン系の抗生物質にアレルギー反応を示す人に対して使われます。
テトラサイクリン系は登場する機会は少ないでしょう。
感染系の病気に対して使われる薬ですが、一般的にはマクロライド系が多く使われるようです。

抗生物質にもジェネリック薬品は存在します。
ジェネリック薬品とは、ある医薬品メーカーが開発した新薬の特許期間満了後に、別の医薬品メーカーが同じ有効成分と製法で製造する薬のことです。
抗生物質に限らず、医薬品に関してはジェネリックという言葉が広く認知されるようになりました。
後発の医薬品は高くつく場合があり、副作用も心配される場合、実績があり安く手に入れることができる先発医薬品が使われることがあります。
成分は全く同じなので、薬の効果も同じですから、使う人のリスクを減らすことができ、信頼があります。
時には患者の容態に合わせて成分の異なる抗生物質を使うことがありますが、細菌性の感染症には一般的に治療法が確立されていますので安心です。

マクロライド系を代表する薬にジスロマックという薬があります。
効果は細菌の増殖抑制ですが、一度の使用料を多くして殺菌作用をもたらすこともあります。
ジスロマックは細菌性の病気に使われるので、場合によっては風邪薬として処方されることもあります。
しかし、強い抗生物質であることに変わりはなく、場合によっては最近に耐性が付くこともあるので、主には感染症にのみ使われることがあります。

アジスロマイシン以外にクラミジアに有効な薬とは?

感染症として挙げられる中にクラミジアがあります。
クラミジアの主な感染経路は性交渉です。
クラミジア菌が性交渉によって人から人へうつることで感染します。
クラミジア菌に対抗するためジスロマックを使うことがあります。
ジスロマックの主成分はアジーという薬です。
アジーは薬が効くまでの時間が短く、すぐに効果が期待でき、治療期間を短縮することができます。ア
ジーは幅広い菌に対して効果を発揮します。
このアジー以外にもクラミジアに有効な薬があります。
クラビットという薬を使うことがります。
クラビットとはキノロン系の抗生物質にあたります。
クラビットの副作用としては、発疹やかゆみ、頭痛や吐き気を起こすこともあります。
クラビットは副作用が多く、人によっては副作用が軽度で済む人もいれば多く出る人もいます。

しかし感染症の場合、いち早く菌の増殖を抑えるとともに殺菌を行わなければなりませんので、最悪の事態を防ぐためにも、抗生物質の使用は必要です。
一度治ったとしてもクラミジアは再発や再感染するリスクがありますので、自己管理は必ず必要です。
人体は病気に関しては一度かかると免疫が作られますが、免疫だけでは対処できない場合もあります。
薬と正しく付き合うことで、感染症になったとしても早期に治療しましょう。