セックスしなくても感染する性病もある

驚く女性

だれでも日常生活の中で感染する可能性の高い性病(STD)は現在大きな社会問題となっています。
性病というと不特定多数とのセックスで感染するというイメージが強いようですが、ごく普通の生活の中でも知らない間に感染している場合があります。
かなり病気が進んでしまっているというケースが多く、そのまま放置してしまうケースが多くみられます。
その状態で不特定多数相手のセックスや自分のパートナーにも同じ病気をうつしてしまい、結果、爆発的に性病患者が増えてしまう傾向にあるようです。
特に不特定多数相手のセックスや性病に感染するような行為をしていない方は、自分が気がつかないうちに性病に感染しているわけがないと安心するのは大変危険です。

性病の中には性行為以外日常生活でも感染する「膣トリコモナス症」・「クラミジア」・「毛じらみ」などがあります。膣トリコモナス症は男性にも女性にも感染しますが、女性の場合おりものに異常が現れることが多いのが特徴です。
おりものの増加や色が黄色や黄緑のような通常とは違う色・鼻をつくような泡だった状態の悪臭のおりものが出ると言われています。
性器のかゆみや排尿時・性行為時の痛みなど、通常とは明らかに違う状態に悩まされます。
男性は主に排尿時に痛みを伴う事が多いようです。
またクラミジアは同じように感染力が強いのですが自覚がないことが多く、放置をして病気が進んでしまうと治りにくいうえに不妊や流産・早産の理由となるといわれているので、
出産を望む方はより注意が必要です。

オーラルセックスなどでも感染し、喉に炎症と痰が発生・痛みも伴い辛い状態で生活する事になります。
通常のキスは問題ありませんが、ディープキスなどにより病気がうつることがあります。基本的な予防方法は不特定多数相手の性行為をやめる・公共施設での他人とのタオル使用や用品の共有などは控えるなどが有効となります。
自身が感染したことに気がつかず家で共有物(トイレ・お風呂・タオルなど)を介してうつってしまうこともありますので、体の異変には十分に注意するようにしなければなりません。

特に10代やこれから出産を望んでいる年代のご家族がいる場合、大変深刻な結果を招くことがあるので感染を未然に予防する必要性があります。
膣トリコモナス症もクラミジアも感染力が強く、その状態での生活も辛いものです。
早期発見や早目の診察で軽減や完治することが可能なので、自身でのチェックが不安な方は病院で性病の診察・チェックを受けると確実です。

膣トリコモナス症はプールやトイレで感染する

これらは原虫と呼ばれる非常に小さな虫や微生物が感染する事で病気を発症します。
主にトイレ・プールなどレジャー施設・不特定多数の人が利用する公共施設などで原虫をうつされることで発症します。
プールではありませんが、性風俗の店などの浴槽でも感染します。
病気を持っている人が使用したタオルやトイレの便座などに原虫がうつり、それらを使用することで簡単にうつってしまうため、人と同じものを使用することに抵抗感のない方の予防は大変難しいといえます。
レジャー施設やプールなどではタオルなどを共有しない、トイレなどで便座などは直に使用しない(トイレシートなどがあれば使用する)など対策が必要です。公共施設での共有物を使用する際は、消毒済みやクリーニング後に個別包装されているなど衛生管理が徹底している以外は自身の用品を使用するようにしましょう。

これらの病気は一度感染すると完治が難しいので、治すのにも時間が必要な場合があります。
出産を希望しているお母さんが高齢な場合は、完治した頃には子供が望めなくなっていたケースになる場合もあります。
命には別状はない病気ですが、生活に大きな影響がでて悩まされる大変難しい病気でもありますので、軽視せずに日頃からの管理と注意が重要になります。